吉岡温泉の女将ブログ

観たい、聴きたい、感じたい。

鳥取市の鹿野(しかの)というところに『鳥の劇場』があります。それは廃校になった場所を使った劇場であり劇団です。年間を通して様々なプログラムを実施しています。演劇の上演だけでなく市民が参加してワークショップをしたり、海外や日本の他の劇団を招いて演劇祭をしたり、とても精力的な活動をされています。

鳥取に住んでいて不満に思うことのひとつに文化的な恩恵が都会に比べてあまりにも無いという事があります。例えば映画館の数や美術展の少なさ、そして演劇を観る楽しさを知る機会の無いこと。

そんな諦めの中に暮らしていたところに『鳥の劇場』が現れました。吉岡温泉から鹿野までは車で15分ほど。一山越えればすぐです。
学生時代、大阪に住んでいた頃は、鳥取で満たされない文化的好奇心を爆発させて様々な舞台や映画、ライブに夢中になりました。中でも小劇場にはハマりましてよく電車に乗って観に行きました。大阪の梅田や心斎橋の雑踏を抜けて演劇を観に行くんですが、『鳥の劇場』を観に行く今は緑の山を抜けて行く訳です。これがなんとも気分がいい。なんだかすごく未来に来た感じなんです。田舎に住んで田舎ならではの恩恵をうけながら文化的な欲求も満たされる。鹿野を越えると浜村というところに抜けるのですが、そこはもう日本海なんです。山を抜け演劇を観たあとに海へ出られるなんてなんて贅沢な事なんでしょう!

この小さな町から問題を提起していろんな試みをして少しずつ価値を発見していく。そんな素敵な劇団があるんです。

是非機会をつくって一度観てみてください。

http://www.birdtheatre.org

そう言えば『第三舞台』復活しますね。大好きなんです、やったぁ!!

okajima(2011-02-26)
カテゴリー: ブログ